交通事故による怪我のご相談も承ります

ロゴ

ロゴ

1月は4日から通常通り営業しております。

本年もよろしくお願いいたします。

1月は4日から通常通り営業しております。

本年もよろしくお願いいたします。

肩こり

辛い肩こりを和らげるにはどうしたらいいですか

日常的にパソコンに向かう機会が多いせいか、長年肩こりに悩まされています。特にひどいのが乱視で視力も低下している右側で、時には腕の方までジンジンと痺れるような感じがすることもある程です。同じ姿勢で居ると血流が悪くなって肩こりもひどくなると聞いたので自分でもマッサージをしてみたり、合間を見てストレッチを行うようにしたりはしていますが、今一つ効果を感じられません。また腕を高く上げるようなストレッチを行うと、却ってだるさが増すような気もします。あまりにもひどい時には湿布を貼ったり塗り薬を使うようにしています。そうすると一時的には良くなりますが、使用を止めるとまた痛みや張りが強くなり、我慢できなくなって湿布を貼っての繰り返しです。
最近はいつも肩が重くて作業にもあまり集中できません。このしつこい肩こりの原因はどこにあるのでしょう。何か根本的に肩こりが改善できるような方法はありますか。これまでに足を運んだことはありませんが、この状況が変わるのであれば整体等に通うことも考えています。体の歪みを整えたり骨盤の位置を調整したりするそうですが、そのような行為は肩こりの改善にどの程度効果が期待できるのでしょうか。

草津ねっしん整骨院 肩こり専門整体師によるコメント

パソコン作業が多いと首を前に倒した前傾姿勢が多くなってしまいますので、その姿勢がずっと続くと頸椎の椎間板の部分にかなりのストレスが加わるので、頸椎椎間板ヘルニアや、頸椎椎間板症になってしまう可能性があります。実際に腕のところに痺れのようなものが出てるということなので、これが椎間板の圧迫によるものなのか、あるいは筋肉が深部まで悪くなってしまって神経を圧迫してしまって痺れが出ているかはレントゲンやMRIを取ってもらわないと確定は出来ないのですが、いずれにせよ神経に圧迫が加わっているのは確かです。マッサージや湿布は表面上の筋肉に対しては効果的なのでその場の痛みを取っていくには適しています。ただ、マッサージや湿布で深部の筋肉を治療していくことは難しいです。当整体院ではお身体を根本的に変えていくことをコンセプトに治療を行っています。そもそも、筋肉の深部が悪くなる原因は骨の歪みからきています。体の資本となる骨が乱れてしまうことによって、骨に一番近い深層の筋肉が最初に悪くなります。そして、中層、表層の順番で悪くなります。ですので骨の歪みを変えていかないと結局肩こりとずっと付き合っていかないといけなくなってしまいます。骨の歪みを変えることによって、筋肉に掛かってくるストレスが減ってくるので、肩こりは起きにくくなります。更に当整体院で使用している立体波治療器という電流が、筋肉の一番原因の深層の部分まで治療が届く電流になっている為、効果はかなり高いものになってます。また、トリガーポイント指圧と呼ばれる痛みの引き金になってる部分を指圧していく治療も行っており、こういった治療を駆使して根本改善を目指していきます。

関連記事