交通事故による怪我のご相談も承ります

ロゴ

ロゴ

1月は4日から通常通り営業しております。

本年もよろしくお願いいたします。

1月は4日から通常通り営業しております。

本年もよろしくお願いいたします。

スポーツの怪我

スポーツ中のヒザの怪我についての質問

ヒザの傷みについての質問です。私は現在17歳で、中学生のころからクラブ活動でサッカーをしています。去年、クラブ内の練習試合の途中で相手チームのメンバーと接触して転倒、それが原因で左のヒザを傷めました。スポーツ活動が盛んなことで有名な学校なので、練習試合とはいえ割と激しいプレーがあるのです。そのときは転倒した時点で痛みが強く、歩けないほとではなかったのですが別のメンバーと交代しました。翌日になっても傷みが残るので病院へ行き、結果として回復まで(本格的な練習復帰まで)半月ほどかかりました。そのときの怪我はきちんと回復したと思っていたのですが、最近になってまた左のヒザが痛みます。去年と同じようにヒザの外側に傷みがあり、日常生活は問題ありませんがサッカーの練習で全力疾走するのは厳しい状態です。日によっては、練習しても痛みを感じないこともあります。現在の左ヒザの痛みは去年の怪我の再発なのでしょうか。激しく転倒したりヒザを打ち付けたりする経験は最近はありません。再発であるとして完治させるにはどうしたらよいか、将来的な怪我の予防のためにできることはあるか、ご意見を伺いたいと思い質問させていただきました。

草津ねっしん整骨院のスポーツの怪我専門整体師による回答

サッカーをされているということなので、当然膝周りには通常よりもストレスは加わってしまいますよね。ましてや、サッカーは他のスポーツと比べても、接触プレーが多いので怪我が多いスポーツにはなってきます。また、どんなスポーツもそうですが、強豪校となってくると熾烈なレギュラー争いが繰り広げられるので、少々痛みがあってもここで休むとレギュラー争いから脱落してしまうということで、無理をしてしまいがちです。それをすると、いくら治療をして症状が良くなってきても治りきる前に無理をしてしまうので結局痛みが増してしまう結果になってしまいます。ですので、私が伝えたいことは練習や試合を休むのも重要なトレーニングの一つだということです。どうしてもオーバーワークのところがあるので、必要以上に筋肉を使いすぎてしまって傷つけてしまう状態になります。その傷ついた状態でトレーニングを重ねると痛みに繋がってしまいなかなか治りずらい結果になってしまいます。なぜ、休むのが重要かというとトレーニングにトレーニングを重ねた状態で、いざ試合に出た時にまず、身体の重たさを感じます。そうすると身体が重たい分、必要以上に無理な動きをするので、ストレスが加わりやすくベストパフォーマンスが出せないのです。そこで必要になってくるのが休養です。休むと傷ついていた筋肉が再生してくれるので、怪我のリスクも格段に減りますし、尚且つ身体も軽く動かせますので試合でのパフォーマンス向上にも繋がります。将来的な怪我の予防についてですが、必ず、練習や試合前のアップはもちろんですが、終わった後にストレッチを入れてください。特にサッカーであれば腰から足を中心にストレッチをしてください。ストレッチをすることによって炎症が起きてしまってる部分をほぐすことができるので行ってください。

関連記事