交通事故による怪我のご相談も承ります

ロゴ

ロゴ

6月は水曜日がお休みになります。

6月は水曜日がお休みになります。

骨盤矯正

産後の尿もれ。骨盤矯正がされなかったからですか。

二人出産しています。32歳で普通分娩により一人目の出産、そしてその8年後に二人目を出産しました。最初の出産からは10年以上たちます。妊娠中の尿もれはよく聞く症状なのですが、私の場合出産後も治らず今に至ります。一人目の産後にそれが気になり一度だけ整体で骨盤矯正なるものをしました。尿もれの原因もそこからきている(骨盤が緩んでいる?)と言われましたが、まだ若いから矯正ベルトしたり運動したりで治るだろうと結局通うことはしませんでした。二人目の出産時に前よりひどくなったということはありません。
出産して少し経ち活動的になるころに夏がやってきたので、矯正ベルトを締めるととんでもなく暑くて痒くてムレて・・・断念してしまったのです。そのうち治るだろうと高をくくっていたのが大きな間違いで、ちょっとした弾みにもれてしまいます。子供と遊ぶ時も飛んだり跳ねたりすることができなくなりました。私自身学生時代はスポーツをしていたので、子供が大きくなったらまた何かしようと考えていたのですがあきらめざるをえません。私自身の意志の弱さがこうなったのだと後悔しています。
若いころから下半身太りでしたが、痩せれば改善するのかやはり骨盤矯正が大きく関わっていて、もしそうなら今からでも遅くないのかを教えていただきたいと思います。

草津ねっしん整骨院 骨盤矯正専門整体師からのコメント

産後におこる尿もれとは、分娩時に骨盤底に負担がかかってしまう事が原因が大部分です。骨盤底とは、文字通り、骨盤の底にあり、子宮や膀胱、直腸などの腹部臓器を支えている部分で、筋肉や様々な繊維でできています。この骨盤底がゆるむと尿道の締まりが悪くなってしまい、尿もれということになってしまうので1人目のお子さんが生まれてから、家事や育児でお忙しくなってくると、運動をする時間などが無くなったり、様々な理由で骨盤のゆるみを後回しにせざるを得なくなっていくケースが多いです。ですので、お子さんもつれていける整体院も最近では増えているので、骨盤矯正をしっかり受けていただきたいと思います。しかし、産後2ヵ月は骨盤矯正は危ないといわれてますので、その期間は、軽く骨盤周りの筋肉トレーニングをしたりするのは良いと思います。骨盤矯正も一発で効果が目に見えるほど出るものでもないし、さらに整体院に通うのが面倒くさいという理由で断念される方も少なくはありません。そうなってしうと、その開いた骨盤が体にしてしまうと、治るのにさらに時間を要することになってしまいます。出産から10年たったからといって骨盤矯正ができないということはありません。しかし、太りすぎてしまっていると、骨盤矯正の効果が期待できないので、やせていただく必要があります。 しかし、やはり骨盤矯正をする効果げでやすい期間は、出産から半年以内です。なので半年以内に受診していただくのが1番良いです。この期間に、面倒くさがらず、しっかり通っていただくのが良いです。ですが、過ぎてしまってことを言ってもしょうがないので、また、スポーツができるよう、ゆっくり焦らず、骨盤を治していきましょう!!

関連記事