交通事故による怪我のご相談も承ります

ロゴ

ロゴ

1月は4日から通常通り営業しております。

本年もよろしくお願いいたします。

1月は4日から通常通り営業しております。

本年もよろしくお願いいたします。

骨盤矯正

産後の骨盤矯正について

現在産後6ヶ月ですが、骨盤の歪みが矯正されているのか、されていないにしても産後すぐのころよりましになっているのかが気になります。産後は産後2日目から助産師さんに勧められて骨盤矯正ベルト、所謂トコちゃんベルトを毎日付けていましたが1ヶ月検診を受けるよりも前に面倒くさがって付けたり付けなかったりという感じになりました。
産後すぐの頃は恥ずかしながら尿もれが起こっており、骨盤の広がりは明らかで緩み切った骨盤を締める為にトコちゃんベルトをお風呂に入る時間以外ずっと着用していました。産後の骨盤矯正を怠ると更年期になった頃に40代でも尿もれなどを引き起こすと聞いて恐ろしいことだと思いました。現在は尿もれなどのトラブルは特にありません。
また、体重は妊娠前に戻ったものの、緩んだお腹の肉はなかなか取れず残念な体型になってしまいました。これはやはり骨盤がまだ歪んでいる、もしくは開いているということでしょうか?もしそういうことであれば産後専門の骨盤矯正にいく方がいいのか、トコちゃんベルトや矯正下着でセルフで矯正することが出来るのか気になります。矯正に通うのは、母乳育児の為子供と離れられる時間が限られており難しいと感じています。

草津ねっしん整骨院の骨盤矯正専門整体師からの回答

出産を経験されますと、腰を支えている仙腸関節と呼ばれる関節が骨盤を強引に広げる形になりますので、出産後はなかなか元の状態には戻りにくい現状です。仙腸関節は腰を支える関節なので、そこが乱れてしまいますと、出産前は感じなかった腰痛や股関節の痛みに繋がってしまいます。また、出産前は入っていたズボンが出産後は入らないというお悩みの患者さんは結構多いです。実は、出産後1ヶ月がかなり不安定な時期で骨盤矯正をこのタイミングで行うと骨盤が外れてしまう可能性があります。ですから、この1ヶ月間はトコちゃんベルトを着けていただく必要があります。後、体重が戻らないとのお悩みもありますが、出産後はホルモンバランスの変化があるので、体質が変わったりというところが出てきます。また、妊娠中は体を動かす機会が減り、運動不足になってしまうのが一番の原因です。運動不足になると基礎代謝が下がり、発汗作用が低下してしまう為、体重が落ちにくくなります。因みに当整体院で治療を受けられた方で施術前よりも8キロ痩せたこともありました。当整体院のトリガーポイント指圧、トルマリンホットパック、EMS波動電流、立体動波治療器、猫背ストレッチ、骨盤ストレッチ、ゆがみ矯正全てにおいて共通して言えるのは血流改善、代謝向上に繋がるので結果として痩せる人も出てきます。ただ、それだけで痩せるわけではないです。確かに痩せやすい体質にはなりますが、ご自宅で運動をしていただいたりというところが大事になってきますので頑張りましょう。また、ズボンが入ったという患者さんも何名も居られますので、一度しっかり拝見させていただきますね。

関連記事