交通事故による怪我のご相談も承ります

ロゴ

ロゴ

8月は10日11日13日22日が休みになります。

15日と29日は営業いたします。

8月は10日11日13日22日が休みになります。

15日と29日は営業いたします。

腰痛

★子供と遊ぶ中で、子供を持ち上げた時に腰を痛めてしまった40代男性の改善事例

福永

 

 

患者情報:男性 48歳

 

【問診】

<お悩み>

 

腰が痛い

 

<患者様にお伺いしたこと>

 

Q,いつ、何をしていて痛めましたか?

 

3日ほど前に子供と一緒に遊んでいて、子供を投げたときに腰を捻りました。その時から痛みがあります。

 

Q,どんな動きで、腰のどの部分が痛くなりますか?

 

前かがみになると痛いです。

他には、起き上がったり、立ち上がったりするときにも痛みが走ります。

 

Q,シビレや、足に違和感などはありますか?

 

それは特にありません。

 

Q,朝が特に痛い、など時間によって症状に波はありますか?

 

時間によっての痛みの波はありません。

 

Q,普段から腰痛はありますか?

 

普段は全く気にならないです。

スポーツで腰を痛めたことは昔にありましたが、普段の腰痛は感じたことはありません。

 

Q,普段、どのような体勢で過ごすことが多いですか?

 

仕事中は基本的にずっと座っている体勢で過ごします。

 

Q,他にお身体で気になっていることはありますか?

 

いいえ、特にありません。

 

Q,今回腰を痛めてから、整形外科等を受診されましたか?

 

いいえ、していません。

 

【検査】

腰の痛みの原因を探るため、動きや筋肉の状態を検査しました。

 

<動きの検査>

 

・腰の動きの検査:

前屈をした時に腰の下の方に痛みが出ました。

 

・股関節の動きの検査:

股関節を捻る動作で動きの悪さが見られました。

特に左側の、骨盤の前側にある腸腰筋という筋、骨盤の後ろ側にある外旋筋という筋が共に緊張して硬くなっていることが疑われました。

 

<神経症状の検査>

 

・2種類の検査を行いましたが、ともに異常は見られませんでした。

 

<その他の検査>

 

・仙腸関節炎を調べる検査で、左に陽性の反応があり、炎症が起こっている可能性が疑われました。

 

<筋力テスト>

 

・インナーマッスルの筋力検査:お腹の深部の筋肉であるインナーマッスルは正常でした。

・おしりの筋力検査:左右ともに正常でした。

 

【検査結果から分かること】

 

<腰痛の分類>

 

今回の患者様は、腰部の中でも左側の仙腸関節のピンポイントの部分に痛みがあり、また腰の部分にぼんやりとした痛みを訴えられていました。

加えて、仙腸関節炎の検査が陽性であること、神経障害を調べる検査では特に異常が見られないことから考え、「仙腸関節炎」だと判断しました。

 

<仙腸関節炎の原因の分析>

 

この患者様の場合、元々体に柔軟性がなく、また普段からデスクワークの仕事上、体を使うことがほとんどありませんでした。

そんな中、お子様(小学校高学年)と遊ぶ中で、子供を持ち上げ、体を捻りながら投げるという動作を行うと、腰、またお尻や股関節に過度に負担がかかります。

検査の結果から、股関節が動く際に重要になる腸腰筋という筋がうまく機能しない状態のまま腰を捻ったことにより、背骨と骨盤を繋ぐ関節である仙腸関節に炎症が生じた、と考えられました。

そして炎症が生じて痛みが出た仙腸関節の部分をかばいながら日常生活を続けた結果、腰部の筋も緊張して硬くなり、痛みが出ている状態でした。

 

【施術計画】

 

<施術の方針>

 

まずは仙腸関節の炎症を取り除いていき、腰部の筋が硬くなっている状態を無くしていくことが痛みを緩和させるのに重要となってきます。

ぞのため、痛みの出ている仙腸関節の部分を氷などで冷やすように指導しました。

また硬くなっている筋には、指圧施術と、電気療法でもって筋を緩めていきます。

しかし、痛みを緩和させるだけでなく、動きの悪い腸腰筋と外旋筋を改善しなければ、腰部に負担がかかりやすい状態であることに変わりありません。

そのために股関節の動きをよくしていくことが、この患者様の場合は重要になってきます。

 

<施術のゴール設定>

 

腰の筋肉に負担が加わりにくいような体にします

 

<施術期間と頻度>

 

週2回、2ヶ月間の施術期間を提案しました。

 

【施術経過】

 

・2回目施術終了時:

仙腸関節部の炎症は少し治まり、痛みも軽減してきました。

起き上がり、立ち上がりの動作にはまだ痛みがあります。

腸腰筋、外旋筋の動く範囲は施術後変化が見られますが、時間が経つと元に戻ってしまう状態でした。

 

・5回目施術終了時:

日常生活に支障がないくらい、痛みは問題なくなりました。

腸腰筋の動く範囲はだいぶ良くなり、前回の施術から今回の施術時までに動きが元に戻ることはありませんでした

外旋筋に関しては、施術後しばらくすると戻りやすい状態でした。

炎症が治まり、痛みの強かった仙腸関節部に触ることができるようになったため、仙結節靭帯の動きを改善する施術を行いました。

 

・9回目の施術終了時:

腰部の痛みが出ることは全くなくなりました。

腸腰筋、外旋筋に関しては、動きは正常範囲にまで改善しましたが、仙結節靭帯はまだ硬さが見られました。

 

・12回目施術終了時:

気になる部分はなく、股関節の動きも改善されました。

痛みや、動きに関してすべて問題がなくなったため、施術を今回で終了しました。

 

【まとめ】

 

今回の患者様は、お子様と遊ぶ中、腰を捻る動作から痛みが出たことで来院されました。

元々腰に持病はお持ちではありませんでしたが、問診や検査の結果から、普段からデスクワークで体を動かすことがあまりなかったことや、骨盤周りにあって股関節の動きに関係する腸腰筋や外旋筋といった筋肉が緊張して硬くなっていることで、腰を痛めやすい状況にあったことが分かりました。

そんな中、腰に過度な負担がかかったことで背骨と骨盤を繋ぐ仙腸関節という部分に炎症が起こり、今回の痛みが出たと考えられました。

施術としては直接患部にたいして手技や電気療法を使っての痛みを抑えることに加え、そもそもの腰に負担をかけやすい体の状態も改善する必要がありました。

股関節の動きを改善するために硬くなっている骨盤周りの筋をほぐし、腰への負担を減らすことで痛みは完全になくなり、かつ動きも正常範囲にまで改善されたことで、無事に施術を終了することが出来ました。

 

関連記事