交通事故による怪我のご相談も承ります

ロゴ

ロゴ

10月は3日、17日、24日がお休みになります。

10月は3日、17日、24日がお休みになります。

腰痛

布団を片付けようと持ち上げたことがきっかけで腰を痛めた50代女性の改善事例

髙野

 

年齢:58歳  性別:女性

 

職業:パート(検査)

 

【問診】

 

問診

 

<お悩み>

 

急な腰の痛み

 

<患者様にお伺いしたこと>

 

Q,痛みが出た時の状況を教えて下さい。

 

昨日、布団を片付けようと持ち上げた際に痛みが出ました。

 

その日は、仕事に行って、湿布をして様子を診ていました。

 

Q,これまで腰を痛められたことはありますか?

 

年に1~2回、同じようなことをしています。

 

あとは、昔に椎間板ヘルニアをしています。

 

生まれつき椎間板が少なく、間隔が狭いと言われています。

 

Q,どんな動作で痛みがでますか?

 

前かがみの動作や、腰を反らすと痛みが出ます。

 

Q,しびれの症状はありますか?

 

しびれはありません。

 

Q,腰に負担をかけるようなことで思い当たることはありますか?

 

数日前に山登りしました。

 

あと、月に1回は実家の掃除に行っています。

 

Q, これまで腰の痛みに関して整形外科等で治療を受けたことはありますか?

 

はい、整形外科で牽引治療を受けました。

 

【検査】

 

腰の痛みの原因を調べるため、動きの検査、筋力検査、神経障害を調べる検査等を行いました。

 

<動きの検査>

 

腰の動きの検査

 

前にかがむ動きには痛みがないものの、後ろに反った時に痛みがありました。

 

股関節の動きの検査

 

仰向きの姿勢で股関節の動きをみたところ、左右ともに正常が45度に対して40度の動きしかありませんでした。

 

また、仰向きの姿勢で足をまっすぐ上げる検査では、左が45度付近で痛みが出ました。

 

このことから、股関節の前の筋肉(腸腰筋)が硬くなり、動きの制限がかかっていることが見受けられました。

 

うつ伏せの姿勢での動きは正常45度の範囲に対して左が60度、右50度でした。

 

このことから、お尻の筋肉(外旋筋)に問題はなく、正常範囲以上の動きが出来ていると言えました。

 

骨盤の動きの検査

 

座った状態で、骨盤と腰骨の動きの流れが非常に悪い状態でした。

 

<筋力の検査>

 

・仰向けで足の親指で力比べをする検査では、異常はありませんでした。

 

・体幹を支える深部の筋肉であるインナーマッスルの検査をしましたが、うまく使えておらず弱い状態でした。

 

・お尻も筋肉も同じく使えておらず、弱い状態でした。

 

<その他の所見>

 

・腰骨の下の仙骨と、骨盤の骨で構成される関節に負担をかけましたが、痛みはありませんでした。

 

【検査結果から分かること】

 

<腰の痛みの分類>

 

今回の痛みは、椎間関節という背骨の後ろについている突起部分が上下でぶつかってしまうことで痛みが出たものと考えられました。

 

また、関節の問題だけでなく、筋肉が悪くなっていることで痛みが出ている要素もあると思われました。

 

<腰痛の原因の分析>

 

元々、整形外科で診断されたように背骨の間隔が狭いということで、椎間関節自体が衝突しやすい環境にあったと言えます。

 

そこに更にインナーマッスルの筋力低下により、反り腰の姿勢になってしまったことで、日常的な負担が椎間関節にかかりやすくなっていました。

 

そのために腰に痛みが出たものと考えられました。

 

【施術計画】

 

股関節 整体

 

<施術の方針>

 

腰骨にかかる負担を減らしていくために、弱っているインナーマッスルの筋力をつけること、お尻の筋肉を使えるように戻すこと、また股関節、骨盤の動きを正常に戻すことが重要となります。

 

<施術目標>

 

繰り返し同じ痛みで悩まない体を作ることを目標にします。

 

<施術期間>

 

2か月の期間で、週に2回の通院ペースを提案しました。

 

【経過】

 

・初診終了時、最初の痛みの度合いを10とすると、7まで軽減しました。

 

・2回目施術時(2日後)では、痛みが軽減し、痛みの部分がハッキリしてきている、とのことでした。

 

・3回目施術時(5日後)では、痛みは順調に下がっており、痛みの度合いは10から3へと改善されました。

 

・4~7回目施術時は大きな変化はなく、全体的な痛みはおさまっているが、無理をしたり、長時間の姿勢でだるさが出る状態でした。

 

また、股関節の動きが仰向けの時に硬さが見られたものが、正常の範囲へと改善が見られました。

 

・8、9回目施術時では、だるさも順調に下がり、動いても問題なくなってきており、痛みもほとんど感じなくなっていました。

 

・10~12回目では、特に問題はない状態になりました。

 

ここで、動きが正常に戻り、痛みもなくなっていることから、施術を終了しました。

 

また、違和感や痛みが出た際はすぐに連絡をしてもらうことと、インナーマッスルのトレーニングを継続して行ってもらうことをお願いしました。

 

【まとめ】

 

シニア 女性

 

今回の患者様は、急な腰の痛みで来院されましたが、過去にも何度も腰の痛みでお悩みでした。

 

元々、背骨と背骨の間の感覚が狭い体の構造から、椎間関節という背骨と背骨を繋ぐ関節がぶつかりやすい状況がありました。

 

さらに検査により、体幹を支えるインナーマッスルが弱くなって姿勢が崩れたことでより椎間関節に負担がかかり、痛みという症状が出たと考えられました。

 

その他にも、お尻の筋肉がうまく使えていないことや、骨盤や股関節の動きが悪かったことも腰への負担となっていました。

 

そのため、これらの負担の原因となっているものをひとつずつなくしていくことで、症状は改善していくものと考え、施術を進めていきました。

 

手技や電気療法で筋肉の硬さをほぐして関節の動きを改善し、弱まっていた筋力をつけていくことで、徐々に症状は緩和していきました。

痛みも完全になくなり、動きの問題もなくなったため、12回の施術で無事に施術終了となりました。

関連記事