交通事故による怪我のご相談も承ります

ロゴ

ロゴ

6月は水曜日がお休みになります。

6月は水曜日がお休みになります。

腰痛

腰痛の予防、改善法について

私はひどい腰痛の症状はありませんが、それでも時として痛くなることがあります。昔は整体にも通ったことがありますが、整体は自分に合っていないと意味がなく、むしろ悪化させる恐れもあると聞いて通うのをやめました。
腰痛を予防、改善する方法について知りたいと思っています。私は最近筋トレを始めたのですが、筋トレを激しく行うと逆に痛くなってしまうことがあります。でも運動をしないよりは、何かしら行った方が腰痛予防につながるのではと思います。今は痛みがない時はハードに行い、少し調子があやしい時には控えめにするか、休むようにしています。筋トレ自体は腰痛に効果があるのでしょうか。
腰痛がなぜ起こるのかについても知りたいです。勿論様々な要因があると思いますが、加齢に伴って注意すべき事、腰痛対策として行えることがあれば教えて欲しいです。
腰痛に効く簡単なストレッチなどもあるのでしょうか。年をとっても誰でも自宅で簡単にできるようなストレッチがあるなら、知りたいです。また痛みがある時は、温めるのと冷やすのと、どちらが正しいのでしょうか。温めた方が良いイメージもありますが、湿布で冷やして対処することもあります。症状によっても温と冷を使い分ける必要があるのでしょうか。

草津ねっしん整骨院 腰痛専門整体師からのコメント

腰痛が出ないために筋トレをするのは効果的です。痛みがでる順番としては、筋肉が弱くなる→良い姿勢がとれない→体がゆがむ→痛み、このような順番で痛みがでてきて、痛みがでやすいからだになってしまいます。痛みだけをとっても体がゆがんで、姿勢が悪い状態だと、また、筋肉に負担がでてしまい、また痛みは再発してしまいます。なので、予防としては、根本的な原因の姿勢、体の歪みを治すことが、予防につながります。筋トレで予防することも可能なんですが、回数をやりすぎたり、負担をかけすぎたら、痛みが強くなったり、筋損傷を起こすこともあるので注意が必要になります。筋トレといっても、痛みの予防をしていくには、インナーマッスルといって、体を支える筋肉を鍛える必要があります。腰痛の場合は、なんといっても腹筋を鍛えることです。しかし、腰が痛いのに無理して筋トレをしてしまうと、余計悪化してしまうので、最近では、EMS波動電流といって、自分は寝たままで電気の振動で鍛えてくれる機会や、腹筋補助器具もありますので、筋トレもやりやすい時代になっています。  腰痛対策としては先ほど話した通りなんですけども、ようつうに効く、体操としては、仰向けになり、テニスボールを腰の下部に置いてもらって、三分間仰向けのまま寝転がってもらうだけなので、すごく簡単です。これだけで体が軽くなったという声はたくさんいただいております。痛みがあるときに、冷やすか温めるかの質問なんですが、急性的な痛みは、最初の3日間は基本的には冷やすことが効果的なんですが、慢性的な痛みの場合ですと、温めることが効果的になっています。なので、温めるのと、冷やすのは症状によって使い分けるのは大事です。

関連記事