交通事故による怪我のご相談も承ります

ロゴ

ロゴ

10月は3日、17日、24日がお休みになります。

10月は3日、17日、24日がお休みになります。

ヘルニア

座っていて腰が痛い50代女性、椎間板ヘルニア手前の状態 改善事例

髙野

 

患者情報:53歳 女性

 

【お悩み】

腰が痛い女性
腰の痛み

 

【問診】

 

<問診でお伺いしたこと>

 

Q,腰の痛みはいつ頃からですか?

 

5年前に腰を痛めた時からです。

 

Q,腰やお尻、足などにしびれはありますか?

 

右お尻~右足先にシビレもあります。

 

一時期は落ち着いていたのですが、最近は気になります。

 

Q,腰の痛みで整形外科や整骨院で治療されたことはありますか?

 

5年前に腰の痛みが出た時は整形外科でヘルニアと診断されたので、約1年間通院しました。

 

その結果、痛みやシビレは軽減しましたが、通院をやめてから数か月で重怠さやシビレが戻ってきました。

 

Q,どんな動作をした時に、どこにどんな痛みがありますか?

 

座っている際に腰に強い重怠さがあり、朝起き上がる際には腰に鋭い痛みがあります。

 

家で床に座りながらパソコン作業をすることが多く、その時に腰の左下に重怠さを感じます。

 

洗い物や料理をしている時に立っている体勢が長時間続くと左腰に痛みが現れます。

 

ただ、カラダを動かしている時に痛みは出ません。

 

Q,起床時の腰の痛みは、どの場所が痛みますか?

 

朝の起き上がる際の痛みも腰の左下あたりに痛みが出ます。

 

Q、起床時の痛みはいつからですか?

 

朝の起き上がる際の痛みを感じ始めたのは1週間前からです。

 

【検査】

脊柱起立筋
腰痛の原因を調べるために、以下の検査を行いました。

 

(強い痛みが伴う検査はありません。)

 

〈動きの検査〉

 

腰の動きの検査

 

体を後ろにそらした時に腰の筋肉(脊柱起立筋)に痛みが出ました。

 

股関節の動きの検査

 

股関節の動きは特に問題ありません。

 

骨盤の動きの検査

 

骨盤の上の靭帯部(腸腰靭帯)は硬く、筋肉の動きが悪く癒着している状態でした。

 

また、骨盤の動きに異常がある可能性が疑われました。

 

〈神経症状の検査〉

 

神経症状のテスト

 

腰椎の神経障害を調べる検査を行い、その結果右下半身に少し問題がある可能性がありました。

 

〈筋力テスト〉

 

お尻の筋力検査

 

右お尻の筋肉の筋力が弱まっていました。

 

インナーマッスルの筋力検査

 

お腹の深部にある、体をを支える筋肉が弱まっていました。

 

【検査から分かったこと】

 

〈腰痛の分類〉

 

今回の腰痛は、椎間板性の腰痛に分類されます。

 

椎間板性の腰痛の特徴としては、筋肉だけでなく、背骨(腰椎)にも問題があり、その部分で神経が圧迫されてシビレなども併発する可能性が高い腰痛です。

 

また、朝起き上がる時に腰に痛みが出ることや、座っている時に痛み(怠さ)や、シビレが強くなる可能性があるなどの特徴があります。

 

今回は、以上の症状がみられるため、椎間板性の腰痛が疑われます。

 

〈腰痛の原因〉

 

今回の患者様は、問診や検査の結果から、何故座っている時、朝起き上がる時の痛みが強くなるのかを分析していく必要があります。

 

座っている時の背骨への負担の要因としては、以下の流れが考えられます。

 

インナーマッスル(体幹を支える筋肉)の筋力が低下


体を支える筋力が弱い為、骨盤が後傾してバランスを取ろうとする


さらにその無理を補おうと背骨(腰椎)が曲がる


結果、背骨を支える筋肉(脊柱起立筋)に負担がかかり硬くなる


歪んだ背骨のクッションとなる椎間板(背骨)に異常が発生する

 

※シビレが出る原因として、神経は背骨(腰椎)の間を走行しているため、腰椎に負担が強くかかることにより神経を圧迫してしまうことが原因となります。

 

また、椎間板性の腰痛によくみられる朝の起き上がる時の痛みに関しては、朝は背骨と背骨の間が膨張しているうえに、起き上がろうと力を入れるので更に膨張が加わり痛みが強くなることによって起こります。

 

以上の原因を分析した結果、背骨(腰椎)の周りの筋肉を治療することにより、短期間はカラダが楽にはなりますが、こちらの患者様は1日の中で座っている時間が長い為、椎間板を支えている筋肉を改善しない限りは、根本的な改善はできないと考えられます。

 

【治療計画】

脊柱模型 説明

〈治療方針〉

 

検査の結果から、腰の筋肉や骨盤の靭帯部(腸腰靭帯)が硬くなり正常な動きが出来ておらず、骨盤の動きの異常が判明しました。

 

そのため、腰に負担をかけている原因のである骨盤の上の靭帯部(腸腰靭帯)の筋膜を指圧治療によって緩め、正常な動きに戻していく施術を行います。

 

ただ、これらの患部だけでは痛みは改善しますが、体幹を支えるインナーマッスルがない状態なので、座っている時間が長くなると腰に負担がかかり、再度痛みが出てくる可能性があります。

 

シビレの症状に関しては、発症から5年が経過していることや、足先まで症状が出ていることから、シビレがない状態にするのは難しですが、背骨(腰椎)への負担を減らすことにより、シビレの強さを軽減できる可能性はあります。

 

ですので、インナーマッスルの獲得が日常的に痛みがでないようにすることや、シビレを軽減するポイントになります。

 

更に、自宅でのインナーマッスルのトレーニングや負担のかかりにくい座り方の指導をさせていただきました。

 

〈治療目標〉

 

朝の起き上がる際の痛み、座っている時の腰の痛みの改善を目標とします。

 

〈治療期間と頻度〉

 

週2回、2ヵ月~3ヵ月の期間での治療を提案をしました。

 

〈治療経過〉

 

3回目施術終了時:朝の起き上がる時の痛みは半減しました。

 

5回目施術終了時:朝の腰の痛みは完全になくなりました。

 

座っている時の腰の重怠さも半減し、同時に骨盤の動きも良くなっていました。

 

8回目施術終了時:初診時の腰の重怠さの度合いが10だとすると、10→3まで減少しました。

 

13回目施術終了時:腰の重怠さが完全になくなりました。

 

患者様も自宅でのトレーニングも実践して頂いたこともあり、インナーマッスルも徐々についてきていました。

 

そのため、座っている時の背骨(腰椎)の痛み、シビレの症状が軽減し、順調に治療が進んでいます。

 

再度、痛みが出る不安をなくし、インナーマッスルの獲得の必要がある為に、通院頻度を減らしインナーマッスルの獲得を続けています。

関連記事