交通事故による怪我のご相談も承ります

ロゴ

ロゴ

6月は水曜日がお休みになります。

6月は水曜日がお休みになります。

頭痛

生活習慣の改善は頭痛も改善してくれる?

二十歳を過ぎたあたりから、偏頭痛を感じ始めるようになりました。特に生理前や一日の寒暖差が激しい日、そして天候が不安定な時など実に様々です。偏頭痛の症状は主に、吐き気や胸のむかつき、さらにこめかみや頭が熱くなってズキズキと痛みだしたりするのです。そんな症状があらわれた場合は、身体を安静にして症状が治まるのを待ちます。その際に、頭を冷やしてみたり偏頭痛に効くとされているツボを押してみたりと色々な対処法を試みますが、症状が改善されないこともあるのです。そんな時は、市販の鎮静薬などを服用して症状を抑えるようにしています。ですが、なるべく薬に頼ることなく症状を和らげたり予防方法を知っているだけでも、いざという時にも気持ちが楽になるので、偏頭痛について調べてみることにしました。偏頭痛とは主に、過労やストレスなどで起こりやすくなると考えられており、特に過度な緊張状態が続く時などに症状があらわれるとされています。また、空腹時や寝不足が続いている場合にも、偏頭痛が起こりやすくなるということを知ったので、規則正しい生活を心掛けるようにしました。そしてさらに、ストレスを感じたらなるべく早い段階で発散するようにした結果、鎮静薬の服用回数が減ったのです。偏頭痛はストレスや生活習慣の乱れで症状を酷くさせるということを身をもって痛感したので、これからも規則正しい生活を心掛けていきたいです。

草津ねっしん整骨院の頭痛専門整体師からの回答

女性の方は、どちらかというと家事をしたりとか仕事内容もデスクワーク関係の仕事をされる方が多いので男性よりも頭痛が起こる姿勢をとる機会が多い分頭痛が起きやすいです。それに加えて、生理痛も加わってしまいます。さて、生活習慣を変えれば頭痛が改善するというところですが、結論からいうと改善します。その主なところは食生活と睡眠時間です。チョコレートやアルコールの取りすぎまたはチーズは頭痛を誘発してしまう成分が含まれている為、あまり摂らないほうがいいでしょう。また、睡眠時間についてですが、一番適切なのは6時間です。それ以上寝ると筋肉が固くなりすぎてしまい、頭痛に繋がります。逆に6時間以下でも疲れが取れにくいので自律神経が乱れてしまい頭痛に繋がってしまいます。ただ、こうした生活習慣を変えるだけで頭痛改善に繋がるということです。後は少し熱めのお風呂に浸かっていただくと良いです。一番良いのは43℃のお湯に約5分浸かっていただくのが一番筋肉が緩みやすいと言われています。お風呂上がりに首から肩にかけてのストレッチをしていただくと効果は高いです。そういった形で生活習慣を見直していただくだけでも頭痛は改善されますので頑張ってくださいね。

関連記事